一体、自営業ってどうやったら始められるの?

自営業というカテゴリー

自営業を選ぶ人の多くは、何かしらやりたいと思う事があって始めるのではないでしょうか。自営業の始め方は、自分の肩書をつくっしまえば、自営として成立できます。例えば、自称フリーランスのカメラマンを名乗っていたとして、生活費をカメラマンの仕事だけでは稼ぐことができずに、アルバイトとして雇われて残りの生活費をまかなっていたとしても、自営のカメラマンです。自営業とは、やりたいことを雇われずにやっている人達です。

誰にも雇われずに、個人で仕事。

自営業は個人で、時間や出費や収入を管理しなければいけません。仕事を始めるのも、やめるのも、休むのも自由である一方、何の保証もありませんし、仕事の損も出費も資金繰りも全て自己責任で負わなければいけません。自営業は、自分が価値を創造する職業です。自分の価値を他人が評価してくれて、初めて仕事の依頼となります。自分の価値を他人に売り込みに行けば、誰かが評価してくれるかもしれません。そうやって自分が生産するものを通じて、他人に評価をもらって仕事として成り立たせるのです。

自営業という職業は、生き方。

雇われていても雇われていなくても、職業は、その人自身を表していると言えます。その人が名乗る肩書によって、その人が何に時間をつぎ込んでいるのかがわかります。毎日毎日、来る日も来る日もガラクタを生産しているけれど、ある日誰かがそのガラクタを、「売って欲しい」と評価してくれたなら、それはあなたの仕事になります。「仕事をする」ことと「雇われる」こととは違います。自営業として生きていくためには、目的地を決めてそれに向かって進んでいけば、自営業として成り立つのではないでしょうか。

フランチャイズといえばコンビニなどが有名です。個人や法人が一定の契約料や月々の売り上げの数%を支払うことによって、お店のブランド名やノウハウを使うことができます。