起業をするときに必ず知っておいた方が得なこととは

起業のきっかけと難しさ

起業をしようとするときにはおそらく多くの人が会社員をしていて、会社に対して何らかの不満があるはずです。人間関係の不満や仕事内容に関する不満、そして給料に関する不満です。このうち一つだけが理由で退社して起業することはあまり考えられません。1つだけなら転職でいいからです。ですが、3つ同時に重なったときには「じゃあ起業するしか無いな」ということになるのです。ですが、起業しても95パーセントが失敗すると言われているのです。

下りエレベーターを駆け上がってはいけない

起業をするときには多くに人が失敗をするのはすでに衰退期や停滞期の仕事を始めるからです。たとえば、今から学習塾を始めた場合を考えてみると、学習塾は1980年代から1990年の第二次ベビーブームの世代が小学生から中学生だった頃にピークを迎えている訳です。現在はすでに衰退期にあります。つまり、今から学習塾をはじめるとすれば下りエスカレーターに乗るようなもので、全力で駆け上がっても上りエスカレーターに上る2倍の労力が必要になるのです。

成功したいなら発展期を狙おう

もし、起業で成功したいとすれば発展期の業種を狙うべきです。発展期とは、すでに世の中で広まって来ており,ある程度知名度があるけどもまだそこまで広がっていない業種です。たとえば、1990年代後半の携帯電話市場がまさしく発展期と言えました、あの頃、携帯電話の販売をするのは難しいとしても、携帯電話に関する部品を開発する仕事を始めていたとすれば成功した可能性が高いのです。できるだけ波に乗りそうな業種を見つけましょう!

フランチャイズの事業展開の特徴について理解を深めたい場合には、説明会などに参加をすることがおすすめです。