データを手軽に転送したい、そんな時に覚えておきたいテクニック

簡単なのはメールでの転送

パソコンなどで作業をしていると、保存したデータを他のデバイスやパソコンに転送したいという事があります。自宅で作成したデータを会社のパソコンで使用したり、逆に外出先のデバイスで作ったデータを、自宅や会社に持ち帰って作業の続きをするなど、そういったシーンは意外と多くあります。こうした時、最も手軽な方法はメールを使ってデータを転送するというものです。文書や表計算などのデータは容量も小さいので、たとえ複数のデータでも添付ファイルとして送信する事ができます。

容量の大きな物は外部メディアを活用する

メール添付でのデータ転送の場合、大容量のデータになるとメールでは送信できなくなってしまいます。大量の画像や動画のデータを転送したいのであれば、DVDやCDーR、あるいはUSBメモリやSDカードなどの外部メディアに保存して持ち歩くというのがおすすめです。しかし、当然そうしたメディアを用意しなくてはなりませんし、デバイスのある場所によってはそうした外部メディアを使うことが禁止されているというケースもあるので注意が必要です。

インターネットを使ったデータの転送

外部メディアを使わなくても、インターネットに接続できる環境であれば、P2Pやクラウドストレージを利用してデータを転送することが可能です。P2Pはサーバーを介さずにデータを送受信することができるので、ブラウザが使用出来るデバイスであれば、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも利用する事ができます。またクラウドストレージを利用すれば、アップロードしたデータをサーバー上に保管することもできるので、データ共有だけでなくバックアップとしても活用することができます。

大容量ファイルでハードディスクが圧迫されてる場合には、オンラインストレージに移すことで解消することが出来ます。