太陽光発電について基本的なことを知っておこう

意外と多くの家で付けている太陽光パネル

普段、人のうちの屋根を気にして歩いたり車を運転している人はいないと思いますが、日曜日にショッピングモールへ行った時に偶然にも太陽光発電のキャンペーンなどに遭遇してしまうことがあります。するとだんだんと人の家の屋根が気になりだします。屋根を眺めていると一戸建て住宅の9軒から10軒に1軒ぐらいの割合で太陽光発電のパネルが付いていることに気がつくはずです。では、太陽光発電にはどのようなメリットがあるでしょうか。費用について基礎的なことを知っておきましょう。

昔よりは格段と安くなっている

太陽光発電の歴史は割と古く、1980年代にはすでに屋根に太陽光パネルをつけている家がありました。太陽の光がキラキラと反射してまぶしい太陽光パネルは当時としては珍しいものでしたので、多くの人が「あれはなんだ?」と注目していたはずです。ですが、それほど流行りませんでした。では、なぜその当時流行らなかったのでしょうか。その理由の一つが設置費用の問題ですね。当時は350万円ぐらいのお金を払わないと設置をすることができませんでした。ところが現在では150万円ほどで一式設置することが可能になり、太陽光発電もより身近な存在になったのです。

太陽光発電で元が取れるまでどのくらいかかる?

太陽光発電を設置しても、いつまでたっても元が取れなければ意味がありません。屋根に負担をかけるだけで何も意味が無くなってしまいます。太陽光発電は発電した電気を自分の家で使うことができますが、10年間は売電として電力会社に売却をすることもできます。それらを合せてるとおよそ12年から14年ぐらいで元を取ることができるようになります。それ以降は電気代は格安で利用することができるようになり、預金通帳のお金の減りも減速していきます。ここからわかることは、長期的にその家に住むのであれば太陽光発電は節約のための有効な手段ということですね。

太陽光発電の価格とは、設置に掛かる費用の事ですが、現在では国から補助金を受け取る事が出来ますので安いです。